妊娠線ができる原因


妊娠線は、その名の通り女性が妊娠してお腹が大きくなってくると、腹部に現れる線のことです。およそ妊娠5カ月程度から発生し始めますが、出来る確率は5割程度であり、二人に一人程度に妊娠線が発生します。
妊娠線ができる原因は、大きくは二つあります。その一つは、胎児が成長することでお腹が大きくなるため、腹部の皮膚が急激に伸びることです。表皮組織は弾力に富むため、お腹が大きくなってもそれにつれて伸びることができますが、その下の真皮や皮下組織は急激に伸びることができません。そのため、組織に断裂が起こって、赤紫色の線が現れることになるのです。
もう一つの原因は、ホルモンの影響です。女性は妊娠するとコルチコステロイドというホルモンの分泌が多くなりますが、このコルチコステロイドは、肌の弾力を失わせる作用もあるのです。また、肌の新陳代謝を抑制する作用もあるので、皮膚に必要なコラーゲンの生成が抑制されてしまいます。そのため、肌が次第に弾力を失っていき、また弱くなってしまうので、皮下組織に断裂が起こりやすい状態になってしまうのです。そのような状態で、急激にお腹が大きくなってしまうので、真皮や皮下組織が断裂してしまい、妊娠線が発生することになります。
このような原因により妊娠線は発生するので、肌の弾力を保つように保湿ケアを行うと、妊娠中でも肌を柔らかい状態に保つことができ、弾力を失わないようにすることができますので、妊娠線の発生を予防することができます。妊娠線は、その名の通り女性が妊娠してお腹が大きくなってくると、腹部に現れる線のことです。およそ妊娠5カ月程度から発生し始めますが、出来る確率は5割程度であり、二人に一人程度に妊娠線が発生します。
妊娠線ができる原因は、大きくは二つあります。その一つは、胎児が成長することでお腹が大きくなるため、腹部の皮膚が急激に伸びることです。表皮組織は弾力に富むため、お腹が大きくなってもそれにつれて伸びることができますが、その下の真皮や皮下組織は急激に伸びることができません。そのため、組織に断裂が起こって、赤紫色の線が現れることになるのです。
もう一つの原因は、ホルモンの影響です。女性は妊娠するとコルチコステロイドというホルモンの分泌が多くなりますが、このコルチコステロイドは、肌の弾力を失わせる作用もあるのです。また、肌の新陳代謝を抑制する作用もあるので、皮膚に必要なコラーゲンの生成が抑制されてしまいます。そのため、肌が次第に弾力を失っていき、また弱くなってしまうので、皮下組織に断裂が起こりやすい状態になってしまうのです。そのような状態で、急激にお腹が大きくなってしまうので、真皮や皮下組織が断裂してしまい、妊娠線が発生することになります。
このような原因により妊娠線は発生するので、肌の弾力を保つように保湿ケアを行うと、妊娠中でも肌を柔らかい状態に保つことができ、弾力を失わないようにすることができますので、妊娠線の発生を予防することができます。妊娠線は、その名の通り女性が妊娠してお腹が大きくなってくると、腹部に現れる線のことです。およそ妊娠5カ月程度から発生し始めますが、出来る確率は5割程度であり、二人に一人程度に妊娠線が発生します。
妊娠線ができる原因は、大きくは二つあります。その一つは、胎児が成長することでお腹が大きくなるため、腹部の皮膚が急激に伸びることです。表皮組織は弾力に富むため、お腹が大きくなってもそれにつれて伸びることができますが、その下の真皮や皮下組織は急激に伸びることができません。そのため、組織に断裂が起こって、赤紫色の線が現れることになるのです。
もう一つの原因は、ホルモンの影響です。女性は妊娠するとコルチコステロイドというホルモンの分泌が多くなりますが、このコルチコステロイドは、肌の弾力を失わせる作用もあるのです。また、肌の新陳代謝を抑制する作用もあるので、皮膚に必要なコラーゲンの生成が抑制されてしまいます。そのため、肌が次第に弾力を失っていき、また弱くなってしまうので、皮下組織に断裂が起こりやすい状態になってしまうのです。そのような状態で、急激にお腹が大きくなってしまうので、真皮や皮下組織が断裂してしまい、妊娠線が発生することになります。
このような原因により妊娠線は発生するので、肌の弾力を保つように保湿ケアを行うと、妊娠中でも肌を柔らかい状態に保つことができ、弾力を失わないようにすることができますので、妊娠線の発生を予防することができます。